椎間板ヘルニアについて

POINT
01

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアは脊椎と脊椎の間にある椎間板という衝撃を緩和させるクッションのような役割を果たす組織の中央にある髄核が過剰な圧力や衝撃といったなんらかの原因によって本来の位置からズレて逸脱した状態のことです。

髄核の周りには線維輪という組織があり、こ線維輪が何らかの理由によって変形や断裂を起こしすと髄核にかかる圧力に乱れが生じてバランスが崩れ特定の方向にズレたり突出したりしてしまいます。

線維輪の変形や断裂は椎間板に負荷をかけるような動作が日常的に増えてきたり、線維輪の柔軟性がある程度保たれつつも若年層に比べて低下し始める20代~40代の方に多いとされヘルニアの好発年齢と言われています。

特に激しいスポーツや重いものを持ち上げようとして急激に腹圧が上がったり、腰やお腹に力を入れたりして椎間板にかかる圧力が急に高まったり、くしゃみのように瞬間的に強い圧がかかるようなことでヘルニア状態が起こりやすいとされています。

椎間板ヘルニアは「腰椎の4番と5番の間」と「腰椎5番と仙骨1番の間」に好発するとされています。

腰椎椎間板
POINT
02

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアは髄核が正常な位置からズレたことで椎間板の一部が脊柱管内などに突出することで突出した部位を走っている神経が圧迫や刺激を受けることで、刺激を受けている局所やその神経の支配している領域に痛みや痺れなどの症状が現れます。

腰椎の椎間板ヘルニアが生じた場合では腰椎から出る神経が障害されるので、腰より下のお尻や下肢に痛みや痺れといった症状がでますので坐骨神経に繋がる神経が障害されれば坐骨神経痛の症状が出ます。

急性期と言われる受傷直後は激しい痛みがでて歩いたりろくに動くことも出来ない状態となる場合もあり、髄核の位置が落ち着いたり体が椎間板ヘルニアのある状態に適応してくると症状も徐々に軽減していきますが、線維輪の歪みや損傷と髄核の位置が正常に戻ったわけではないので姿勢不良や疲労などによってバランスが崩れ神経の圧迫や刺激が加わるようになると症状が再発するようになり、そうなると慢性のヘルニアとなります。

しかし、椎間板ヘルニアがあるからといって必ずしも椎間板ヘルニアの症状が出るわけではありません。椎間板ヘルニアの症状はあくまでも椎間板ヘルニアによって圧迫や刺激を神経が受けることで起こるものであり、髄核の位置がズレたことによって症状が出るわけではありません。実際に50代以上になると80%程度の人にヘルニアがあるという調査結果が出ていますが、ヘルニアの症状がある方はその中でもごく一部とされています。そのため画像診断などによって椎間板ヘルニアがあるから痛みの原因は椎間板ヘルニアであると断定してしまうことは間違いであると言えます。

椎間板ヘルニアによる症状であると判断するためには他の検査なども併せて行うことによって明確に椎間板ヘルニアが原因で出ている症状であると診断がつけば椎間板ヘルニアに対する治療が必要です。

髄核
POINT
03

椎間板ヘルニアの治療について

椎間板ヘルニアの原因は特定の椎間板への過剰な圧力やストレスですが、激しいスポーツや負荷によって急激に高い圧力が1度加わっただけで椎間板ヘルニアになるわけではありません。

椎間板ヘルニアが発症するには発症に至るまで持続的な負荷が加わっていたり、線維輪の損傷を起こすような負荷が組織にかかるような全身の状態が根本にあることが考えられます。

そのため好発部位とされる部位は構造上負荷がかかりやすい部分であることがわかり、他の部位からの影響を受けやすいと言えます。

また、頚椎や胸椎で椎間板ヘルニアが起こってしまう場合、頚椎や胸椎の生理的弯曲の乱れもちろんですが、頭蓋骨や骨盤の角度や動きの乱れなども影響してきます。

つまり椎間板ヘルニアは椎間板ヘルニアが発症するまでには発症につながる体のバランスの乱れがあると考えられますので、強い痛みや痺れといった症状がある程度落ち着いたとしても局所に負担がかかりやすいようなバランスの乱れた体の状態を改善しなければ繰り返し症状が出てしまう可能性があります。

また、脊椎の動きには他の関節と同じように関節が作用しますがある特定の状況では脊椎の動きに対して椎間関節よりも髄核が主に作用します。そのためそのような状況では椎間板に過剰な圧力がかかってしまい、椎間板ヘルニアの発症リスクが上がると言えます。

そのため椎間板ヘルニアの治療には髄核の位置を正常に近づけるだけでなく、負荷のかかりやすい状態である椎間板に負荷がかかりにくくなるような全身のバランスの調整が必要になります。

kansetsutsuu_koshi
Access

藤沢で実績多数のなごみ整骨院のアクセス情報を記載しておりますのでぜひ一度ご覧ください

概要

店舗名 なごみ整骨院
住所 神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷4-5-11
電話番号 080-4198-0195
営業時間 9:00~20:00(最終受付)
12:00~15:00休憩
定休日 水曜日
最寄り 柳小路駅徒歩4分

アクセス

藤沢で実績多数のなごみ整骨院では、ご来院いただいたすべての患者様に心からご満足いただける施術ができるよう、常に患者様に寄り添った対応を徹底しております。これまでにも幅広いお悩みや症状を改善へと導いてきた実績がございますので、ぜひ利用をご検討ください。
お気軽にお電話でご連絡ください
080-4198-0195 080-4198-0195
受付時間:10:00~19:00